close

TEL : 0745-52-1211

平日9:30〜12:30 15:30〜18:30
土曜9:30〜12:30 14:00〜17:00
水・日・祝 休診
 

・HOME

・医師紹介

・当院のご案内

・美容皮膚科

 ・しみ、あざの治療

 ・レーザー脱毛

 ・しわ、たるみ、肌質の改善

 ・ニキビ跡、傷跡、赤ら顔

 ・薄毛、抜け毛

・皮膚科

 ・アトピー性皮膚炎

 ・尋常性白斑

 ・尋常性乾癬、掌蹠膿疱症

 ・ニキビ

 ・脱毛症、毛が薄い

 ・性感染症、陰部の発疹

 ・傷、やけどの治療

 ・漢方治療

 ・皮膚腫瘍(できもの)

 ・乳幼児、小児の皮膚病

・よくあるご質問

・アクセス

  • 医師紹介
  • 当院のご案内
  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • よくあるご質問
  • アクセス
  • スタッフ募集

皮膚科DERMATOLOGY

乳幼児、小児の皮膚病

小児の皮膚疾患

乳児湿疹、おむつかぶれ、小児アトピー性皮膚炎、とびひ、イボ、水イボ、虫さされはもちろん、小児特有の皮膚病や、お子様がかかりやすい症状に対応しております。

アレルギー性疾患の予防にはスキンケアが最重要

皮膚のケア(以下「スキンケア」)を行うことで、お子様のアレルギー性疾患(食物アレルギー、喘息、アトピー性皮膚炎など)を予防することができます。

アレルギーの症状が出た、何か食べ物に対するアレルギーがあるのではないか、と考えていませんか?

現代の医学では、「食物アレルギー⇒皮膚症状」よりも「皮膚症状⇒食物アレルギー」が主流だと考えられています。

つまり、食物を食べてアレルギーになるのではなく、傷ついた皮膚に付着した食べ物などが皮膚から吸収されてアレルギーを発症する、ということです。 (これは最初の段階の話で、いったん食物アレルギーを発症した後は、食物を食べて皮膚症状が悪化することがあり得ますが。)

そのため、アレルギー性疾患を予防するには、症状が出る前からスキンケアを行い、皮膚をきれいな状態に保つことが重要です。

また、一旦皮膚炎を起こした皮膚に、食べる可能性があるものを塗ることは絶対に避けるべきです。

さらにアトピーの方に幼少期からスキンケアを行うことによって、成人したときにアトピーになる確率が半分程度になるというデータもあります。

当院では幼少期からの予防的なスキンケアを行っており、アレルギー性疾患を発症するリスクを減らすための診療を医学的根拠に基づいて行っております。

イボ、水イボに痛みの少ない治療

イボはウイルス感染症で早めに治療する必要があります。

当院では一般的に行われている綿棒による液体窒素治療ではなく、液体窒素をスプレーで噴霧する「クライオプロ」を用いた治療を行っています。

液体窒素を圧力をかけて直接噴霧するため、より大量の液体窒素がかかるうえ、周囲への余計な拡散が少なく、痛みが少ないのに効果も高い優れた治療法で、欧米では一般的な治療法として定着しています。

他院から来られた方ほど、治療効果や痛みの少なさに驚かれています。

日本ではスプレーが高価なことと液体窒素の消費量が格段に増えるため普及していませんが、大変有用な方法です。(保険適応で、患者さんのご負担は、綿棒による方法と同額です)

水イボに対しては、①取る方法、②飲み薬により自己免疫を高めて早く治りやすくする方法の2種類があります。

①取る方法の場合にも麻酔テープを用いて痛みの少ない治療を心がけています。

②飲み薬による治療は数か月の内服で水イボが自然治癒していく治療法になります。

キッズスペース、ベビーベッドをご用意しております

待合室にキッズスペース、ベビーベッドを、トイレ内におむつ替え用のベッドをご用意しております。駐車場完備でお子様連れの方にも楽に通院いただけます。

地図PDFダウンロード

地図(印刷はこちら)
「ダウンロード」をクリックしていただくと、簡単な地図が表示されます。
Adobe Acrobat ドキュメント 147.6 KB

ダウンロード
ページ上部へ戻る